DVD買取コラム

DVDディスクの汚れを落とそう!!

1.DVDディスクの汚れを落とそう!!

皆さんDVDって普段掃除ってしていますか?ディスクって実はとても繊細なもので少しの汚れで再生できなかったりするのでとても恐ろしいのです!せっかく買ったDVDはずっと大切にしていきたいですよね。今回はDVDディスクが汚れてしまった時の対処法をご紹介します!

2.DVDが汚れるとどうなるの?

ディスクに汚れ(主にホコリや指紋など)が付くとデータが読み込まなくなり、再生できなくなる恐れがあります。他にデータの書き込みができなくなり、録画したいものがあってもできなくなるなんてことも…これらの症状があった場合は掃除することで改善されるか確認してみてください。

3.DVDディスクの汚れの落とし方とは

まずはメガネ拭きのような柔らかい布を用意し、まずは布を湿らせずにディスクの中心から外側に向かって真っすぐ横切るように拭きます。ここで重要なのは円周方向に拭かないことです。特に注意しなければいけないのが円周方向に拭いてしまうとそれで傷がつき、記録されているデータが読み込まなくなる可能性があるので注意が必要です。

4.クリーナーを使ってみよう!!

乾いた布でクリーニングしてみても再生できない場合はDVD専用のクリーナーを使ってみましょう。クリーニング液を適量付け、クリーナーで布や乾式のクリーナーの時と同様に中央から外側にふき取るようにしましょう。

5.汚れ防止に持ち方を工夫しよう!!

皆さんディスクっていつもどのように持っていますか?基本ディスクの裏面は記録面と呼ばれ、裏面のデータを読み取ってプレーヤーで映像が再生されるわけですが、ディスクの裏面にキズや指紋、汚れがついていたりしませんか?これが原因で再生できなかったりするのです。ついディスクの裏面をもってケースから外している方は要注意です。正しい持ち方として、ディスクの中央の穴に人差し指を中央の穴に入れて親指でディスクの側面を抑える感じです。

6.汚れないように保管方法を考えよう!!

ディスクは汚れが付きやすいのでちょっと何かの拍子に場所がずれるだけで、記録面にキズや別のホコリが付いてしまうのです。使用しない時は必ず専用のケースに入れましょう。デリケートなDVDを保管するコツは熱や直射日光を当てないこと、湿気や結露の多い場所は避ける、できるだけ立てた状態で保管するのが望ましいということです。

7.まとめ

いかがでしょうか。DVDは想像以上にデリケートです。できるだけ優しく、丁寧に扱うように心がけましょう!

- DVD買取コラム

関連記事

DVDの寿命ってあるの?

普段から身近にあるDVDですが、そもそもDVDには寿命があるのでしょうか。何年も観れるものもあれば、なぜか観れなくなってしまったDVDもありますよね。映画や音楽のDVDや自分でダビングしたDVDなどさ...

「ビリギャル」の魅力はここだった!

皆さんDVDはよく見ますか?DVDの中でも「ビリギャル」という作品を知っていますか?公開された当初はかなり話題となった作品です。そこでビリギャルの魅力などについて紹介していきます!...

今聞いたら恥ずかしい?ブルーレイとDVDの違いについて

テレビ番組の録画などを行う記憶用ディスクの媒体は、20年ほど前から普及が進んだDVDからブルーレイディスクが主流になりましたが、ブルーレイに対応しているパソコンやプレーヤーでないと使えないというのも現...

子供と一緒に見たいジブリ作品

ジブリ作品は大人も子供も大好きですよね。2、3歳になると自宅でジブリデビューする子も少なくないようです。中には1歳からジブリを見ているという赤ちゃんもいるくらいです。ジブリ作品の中でも特に小さい子供が...

DVDの買取を考えている方必見!

こんにちは!
誰しもが一度は見たことがあるDVD。皆さんがDVDを見る理由は何ですか?「昔見たものをもう一度見たい」「あの頃に見られなかったから見たい」などといった風に、人それぞれでDV...